7月31日の稽古について(書いた人•ボー)

  • 2017.07.31 Monday
  • 23:40

『あのー、稽古場日誌というのは何のために、というか誰に向けてのものなんでしょうか」

「お客さんよ。お客さんに読んでもらうため」

「あーお客さんが読んでこの芝居はおもしろそうと思ってもらうようにですかね。」

「おもしろそうじゃなくてこの芝居はおもしろいって書かなきゃ」

「はあー難しいですね」

今月、10年ぶりぐらいに姉と会った。駅ビルのレストランで待ち合わせて、お互いにしばらくわからなかったぐらい。

「まだ芝居やってるの?」

「まぁ、最近はあんまりやらないけど、たまに」

「で、それは何のためにやっているの」

「何のため?」

「それやってどうなるの?.........お金もらえるの?.................あんたは楽しいの?」

「お金はもらえないなぁ......んーまぁ自己満足ですよ。自分が楽しいからやってんですね。」

「あんたもう少しいろいろ考えた方がいいんじゃない」

「..........」

まずい。この夏限定メニューがとてつもなく。でもおごってもらうから文句も言えず。

姉さん、実はまた芝居をやるんです。今日は演出家のららさんピンクの服でのりのりで。一人芝居すればいいのにって思うくらい。でも役者さんも草間彌生とか山村紅葉とかに負けないくらい頑張っているわけで。あーそう、勝さんが曲を弾こうかとしたところで稽古が終わってしまって残念でしたよ。もしこのブログを読んだら来て下さい。面白くなかったらお金は返します。.............いつか。

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.03.15 Friday
  • 23:40
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM